オール電化住宅で節約家計を実現し隊|LED電気は味方

実施者

LEDの魅力

ワーカー

冒頭でも述べましたが、東日本大震災で節電は急務となり、いまや日本国民の義務となりつつあります。震災が起こった2011年のLED全体の売上は、前年比の155、7%売上2212億円を記録しました。
住宅主照明に絞ってみても、LEDシーリングライトだけで200億円も売上がアップしたというのですから驚きです。
いままで、なんとなく他人ごとだった環境資源の保護やエコが、震災によりグッと距離が近い問題として捉えるようになったと思います。

ただ、日々の生活で常に意識して取り組むことはなかなか難しいかもしれませんね。
だからこそLEDなのです。LEDは取り変えるだけで、従来のものより高い節電効果を得ることができます。エコセンサー搭載のLED照明器具も発売されています。これは器具本体が明るさを検知し、設定した明るさを保ちつつ自動調整してくれる機能を備えたものです。これなら、無駄な電力を消費することがありません。
私たちは、電力によりさまざまな恩恵を受けています。今更、それを手放して生活することは到底不可能なのです。
だからこそ、今ある資源を大切に守る必要があります。ひとりひとりが高い意識を持って節電に取り組めば、やがて大きな成果を生み出すはずです。その第一歩として、LEDを取り入れてはみませんか?環境だけでなく家計にも優しいLEDなら、アナタの生活に潤いをもたらしてくれるでしょう。

従来の照明だと天井が変色してしまったり、明かりに虫が群がってしまったりなんてことありませんでしたか。
実はこれ、電灯や電球から放射される紫外線が原因なんです。
ところが、LEDには紫外線や赤外線の放射がほとんどありません。よって上記のような現象に悩まされることはもうないのです。

Copyright© 2016 オール電化住宅で節約家計を実現し隊|LED電気は味方All Rights Reserved.